北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
産業技術年表
北九州 官営八幡製鐵所、操業開始。ドイツ式大規模生産方式を採用した国内初の銑鋼一貫の製鉄所。
1901年(明治34年)|素材・エネルギー

日本の近代鉄鋼業は、官営八幡製鐵所の操業によって第一歩が始まった。

時は1894年、日清戦争が勃発し軍備充実の必要性が痛感され、その基盤として鉄鋼業育成への国内世論が高まっていた。製鉄所建設に先立ち、場所を何処にするか、様々な立地条件を検討しながら候補地選びが始まった。最終候補地として三ヶ所を選び、最後まで競ったのが広島と八幡で、原料となる石炭の調達に関し、後背地に筑豊炭田を抱える八幡が優ることから、1897年、福岡県遠賀郡八幡村枝光(現・北九州市八幡東区東田)に製鐵所建設が決定、1901年2月、東田第一高炉に歴史的な火入れが行われその幕は開けた。1901年11月18日には、来賓800人を招待した盛大な作業開所式が挙行された。

当時の製鉄業を技術的な面から見れば、1887年頃までは、タタラによる製鉄法から近代洋式製鉄法への移行時期であった。

技監「大島道太郎」は欧米の鉄鋼事情を調査した結果、ドイツのグーテホフヌンクスヒュッテ社に製鐵所の設計を依頼し、高炉設計をリュールマン、製鋼・圧延設備の設計をデーレンに託した。この設計はアメリカと共に先輩技術国イギリスを凌駕しつつあったドイツ技術の粋を集めたもので、先進技術国に一挙に追いつこうとする思惑が見え隠れする。しかし、我が国の技術水準からみて相当無理な面があったのも事実で、後に技術的困難に直面する。

1901年2月5日の火入れに次いで、製鋼・圧延の各工場も操業を開始した。翌日1.2トン出銑したが、原料装入車の故障や断水があり、除塵機のガス爆発、熱風羽口の閉塞などで3日間休風、炉底に溶銑が凝結した。平炉や圧延はまずまずのスタートであったが、高炉操業は惨憺たる滑り出しとなった。

その後、「野呂景義」の指導で抜本的な対策がとられ、溶鉱炉の構造上の欠点、装入物の調合、溶結など、不良や失敗の原因を徹底的に探求した。ドイツの知識にのみ追従したことを反省し炉型に工夫をこらすとともに、コークスの重要性に着目、原料処理技術・原料配合技術とコークス炉を改良するなど、次々に生産技術の改善を図った。第3次吹き入れは1903年7月23日で、以後操業は快調で1910年6月2日まで継続稼動し、2,140日にわたって出銑を続けた。人々の汗と努力が、実を結び、鋼材生産高はその後著しく急増し、我が国の国づくりに大いに貢献することとなった。

顧みるに、これまで、八幡製鐵所が培った高炉操業技術は、世界に誇る鉄鋼産業技術として成長し、戦後の経済発展の基盤として、また鋼材輸出や海外への進出など著しい活躍を続ける原動力となっている。生みの苦しみから一世紀余を経て、母なる八幡製鐵所の創業意義は極めて偉大である。

参考文献
タイトル 著者・編者 発行年
八幡製鐵所八十年史新日本製鐵株式会社八幡製鐵所1980年
八幡製鐵所百年新日本製鐵株式会社八幡製鐵所2001年
一覧へ戻る

▲建設中の東田第一高炉(1900年)
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.