北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
産業技術年表
日本 浜松高等工業学校の高柳健次郎、国内初のテレビ公開実験を行う。顔や手の像が送れるようになり、『電気学会雑誌』に実験の報告を行う。
1928年(昭和3年)|通信・情報

日本のテレビ研究は、浜松高等工業学校や早稲田大学を拠点として1924年頃に幕をあけたと言われている。

“テレビの父”とも称される「高柳健次郎」はこの年に新設の浜松高等工業学校の助教授に着任し、本格的にテレビ研究を始動させている。高柳はそれ以前から外国の雑誌などからヒントを得て“未来のテレビジョン”に対する想像を膨らませ、映像版ラジオともいえる「無線遠視法」なるものを構想していた。

日本におけるテレビ研究の初期段階においては、ニプコー円板を使用した機械走査方式が採用されていたが、これに対して高柳は、ブラウン管を受像側に使用した電気走査方式の開発を試みている。彼は当初、ベアード(John Logie Baird)がニプコー円板をもちいてテレビ実験を成功させたことを知り、そのメカニズムに対して多大な関心を寄せていた。しかし高柳は研究をすすめていくなかで、彼が望むような画質を得るためには機械的な方式では限界があると悟り、電子的な方式の開発を目指していったのである。

当時すでにカール・フェルディナンド・ブラウン(Carl Ferdinand Braun)が陰極線管を発明していたが、高柳はそれを利用したオシロスコープにかなりの改良を加え、ついに1925年、今日的なブラウン管の原型ともいえるような受像管を完成させている。

また高柳は撮像管の製作に関しても独自のアイデアで試行錯誤を繰り返していった。彼が考えていたのは、ツボリキンがのちに発明することになるアイコノスコープと同様の原理に基づくものであったが、当時の真空技術では実用に耐えうる撮像管の完成は不可能であった。満足のいく撮像管ができなかったため、結局、高柳は受像にブラウン管を使用し、撮像にはニプコー円板を使用するという、いわば機械式と電子式の折衷を選択してテレビ実験を進めたのである。

以上のような努力のかいあって、高柳は1926年12月25日、ブラウン管上に「イ」の字の映像を伝送する実験に成功し、このことは日本のテレビ史に足跡を残す画期的な出来事となった。

また受像側のみではあったが、高柳の装置が世界初の電子式テレビということになる。彼はその後、この成功をすぐに公開することはせず、翌年の9月になってから特許の申請をおこなっている。さらに1928年の春、高柳は国内初のテレビ公開実験を実施している。

彼が製作した装置は電気学会の場において紹介され、このときは顔や手の画像(走査線40本、毎秒14枚)を映し出すことに成功している。これが日本初のテレビ公開実験ということになり、その成果は「電気学会雑誌」で報告されている。

参考文献
タイトル 著者・編者 発行年
テレビ史ハンドブック伊豫田康弘ほか1996年
20世紀放送史 上日本放送協会編2001年
一覧へ戻る

▲高柳健次郎のブラウン管方式による電送実験[いずれも(財)浜松電子工学奨励会提供]

▲テレビ実験受像
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.