北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
産業技術年表
日本 オリンパス、宇治達郎(東京大学付属病院)ら、国内初の胃カメラ「ガストロカメラGT-1」を開発。世界で初めて実用化。胃がんの検査など、医学界に大きな貢献。
1950年(昭和25年)|生命・環境

現代病といわれる胃潰瘍や胃ガンの早期発見には胃カメラは欠かせないといわれている。ところが、この胃カメラが日本人の発明によるものだということを知る者は少ない。

太平洋戦争直後、胃などの臓器を外から写す事は、レントゲン撮影などで確立されていたが、胃の内壁などを詳細に観察する技術は未熟であった。その為、胃の内部を写す事のできる胃カメラの開発が、戦前・戦中を通して世界各国の研究者によって試みられたが、いずれも実用化にはいたらなった。

東京大学医学部を繰り上げて卒業し軍務に服した「宇治達郎」は、終戦時陸軍軍医大尉だった。復員後の1947年、東京大学医学部付属病院に勤務したが、そのころに胃壁を撮影する為の胃カメラの開発を考え始めた。開発に当たっては、義父のはからいで、オリンパス光学工業の協力をえる事になった。

オリンパス側の担当は、「杉浦睦夫」と「深海正治」であった。杉浦らは当時最先端の位相差顕微鏡の国産化に当たる技師であった。しかし、宇治の提案を快諾した杉浦らは、位相差顕微鏡の開発を優先する上司の反対にあったため、仕事が終わった深夜に胃カメラ開発の研究に取り組むようになった。

宇治の知見によると、人間の咽喉および食道の平均的な口径は14ミリだという。そこで杉浦らは、胃に挿入する胃カメラ本体の管の口径は12ミリ、内径は8ミリ程度とした。さらに 胃の中には光がないため、光源を内蔵する必要があった。しかし、レンズやフィルムの小型化の実現に比べ、光源の小型化には限度があった。

試行錯誤を経て、あるとき、杉浦の脳裏にネオンサインの撮影の方法が浮んだ。夜のネオンサインを撮るときは、カメラを振りながら撮れば、ネオンは交流のサイクルにより明滅して百分の一秒間隔で撮影できるのである。

さっそく懐中電灯を光源に、乾板の空箱を被写体にして、絞りを変えながらシャッターを切ってみた。その結果、絞りを開放しても乾板の字は読めたのである。こうして光源の問題は解決した。

レンズは焦点距離5.06ミリの接写レンズ、ランプは直径5ミリの豆電球、フィルムはASA20の35ミリフィルムを縦に細く7等分して、5ミリ幅のフィルムを採用。また、フィルムのコマ送りは、フィルムの先端にひもを付けて引揚げる方法とし、太さおよび強度などから三味線の弦を採用した。

こうして、1950年、世界初の胃カメラが完成した。

オリンパスは、発明者の宇治、杉浦、深海の連名で、胃カメラの特許を申請。「ガストロカメラ」と名付けた。ガストロカメラは日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリスで特許を取得し、その特許によって、オリンパスは内視鏡のおよそ8割のシェアを持つことになる。

]線を発見したレントゲンの存在に比べ、レントゲン撮影では不可能な胃かいようや胃ガンの早期発見を可能とし、医療診断に一大革命をもたらした胃カメラの発明はあまり知られていない。今日その恩恵を受けている我々は彼らの功績を深く心に刻むべきであろう。

参考文献
タイトル 著者・編者 発行年
胃カメラの技術物語深海正治監修・胃カメラ歴史研究会編著1999年
執念の逆転劇NHKプロジェクトX制作班編2000年
一覧へ戻る

▲ガストロカメラGT-Va[日本カメラ博物館提供]
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.