北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
産業技術年表
日本 東大付属小石川分院での輸血による梅毒感染事故を受けて、輸血対策として国内初の血液銀行ニホンブラッド・バンク(後のミドリ十字製薬)が大阪に開業。
1951年|生命・環境

1948年、東大付属病院小石川分院にて、輸血を受けた女性が梅毒に感染した東大病院輸血梅毒事件が発生した。

このとき行われた輸血は、枕元輸血であった。枕元輸血とは、昭和20年代まで頻繁に行われていた方法で、輸血の必要な患者のあったとき近親者や知人、もしくは供血斡旋業者が派遣した供血者がその場で血液を提供するものであった。しかし、明らかに提供血液の感染症チェックを行なう事ができないため、このとき輸血を受けた女性も梅毒に感染した。 

この事件を受け、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)から厚生省(現・厚生労働省)と東京都に対し、血液銀行を設立して、梅毒感染のおそれのない保存血液を供給するなどの輸血対策を速やかに確立するよう、指示が出された。

1951年に、民営のニホンブラッドバンク(ミドリ十字の前身、現・三菱ウェルファーマ)が大阪に、また横須賀血液銀行が横須賀に設立された。これらはいずれも民営機関であり、血液の提供は基本的に売血によるものであった。1952年には日本赤十字社直轄の東京血液銀行が設置されたが、その中心はやはり売血であった。

枕元輸血から保存輸血に切り替えた結果、梅毒の感染などの問題はなくなった。しかし、売血には供血者の固定化、品質の低下、輸血後の血清肝炎の増加などの問題も多く、また肝炎の感染を防ぐ事ができず安全性にはなお問題があったことは否めない。

これらの問題が見直されたのは、1964年に駐日アメリカ大使ライシャワーがアメリカ大使館前で暴漢に右大腿部を刃物で刺され大量出血した事件以降である。ライシャワー大使は日本人供血者の血液を輸血され救命されたが、その後、輸血による肝炎を発症した。この事件を機に輸血の安全性を求める声が強くなった。

1964年、国は売血による輸血体制から、献血によってすべての輸血用血液を確保する体制に切り換え、献血思想の普及と献血受け入れ体制の整備を図った。その後、献血者は急増し、1973年には輸血用血液のすべてが献血によってまかなわれることになった。日本初の輸血事業を始めたニホンブラッドバンクも、この年ミドリ十字と社名を変えた。

梅毒輸血事件を受けて枕元輸血から保存血液へ転換したことで、患者には比較的安全な血液が提供されることになったが、戦後の輸血事業にはこの後も負の歴史が続いた。1964年に起きたライシャワー輸血事件後、まず売血液による輸血制度が廃止されたが、血液製剤には海外の売血液が用いられていたことから、フィブリノゲンによるB型C型肝炎の感染者は300万を越えるとされ、また非加熱の血液凝固剤により薬害エイズ禍も起こった。この薬害エイズを招いた製薬会社が、輸血の安全性を求めて戦後保存血液事業を日本で初めて行なったミドリ十字であった事は歴史の皮肉に他ならない。

参考文献
タイトル 著者・編者 発行年
一覧へ戻る

▲血液銀行の開設(「朝日新聞」1951年3月)
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.