北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
産業技術年表
日本 薩摩藩主島津斉彬、小型の蒸気機関をつくり、長さ16メートルの木造外輪船「雲行丸」に搭載して試験走行を行う。日本人がはじめて建造した蒸汽船。
1855年|機械・生産システム

わが国の国内で作られた初めての蒸気船は、1855年に島津斎彬が建造させた「雲行丸」であるとされている。幕府が建造した「瓊浦形」という全長十五間程度の汽船を初とする記述もあるが、これは1857年に完成したと見るのが定説であり、また、この汽船に関しては資料が乏しくどの程度「完成」したものなのかも定かではない。このため、「雲行丸」を初とするのが様々な意味で妥当であると思われる。

薩摩藩の藩主であった島津斎彬は、早くから海防の必要性を深く認識し、かつ、自藩の琉球に対する支配権をより確実なものとする目的からも、西洋式の海軍力を整備することに力を注いだ。

1851年には中浜万次郎を招いき、彼が漂流先である米国で学んだ造船の技術を軍賦役の田中静左衛門、田原直助らに伝習させ、その結果、琉球式の武装帆船建造などを経て、1854年にはついに、国産初の本格的西洋型帆船である「以呂波丸」を建造するに至った。

島津斎彬の西洋化策はこれにとどまらず、上記の帆船建造と平行して、蘭学者に翻訳させた文献を元に、1851年には薩摩藩江戸藩邸内に設けた製造所で蒸気機関の開発に着手した。この蒸気機関は1855年に完成し、7月に機関単独での試運転及び披露目を行って諸大名などなどを驚嘆させ、8月に入っては国許から回航した船体にこれを搭載、蒸気船としての試運転にも成功した。この船が「雲行丸」であり、船体は長さ五十四尺、幅が十一尺程度の大きさであったと伝えられている。蒸気機関自体はサイドレバー式の外輪用機関であり、船体に搭載しての試運転でも好調であった。

また「雲行丸」は単なる試作船ではなく、デモンストレーションのみの用途に留まらず、一通りの試運転を済ませた後には斎彬自身を含む要人を軍艦に送迎するといった用途に用いられた。この「雲行丸」の成果は、十分とは言いがたい翻訳書による知識によって為されたことを考えれば、驚異的なものであると言えよう。この記念すべき蒸気機関は、「雲行丸」が廃船となった後も海軍兵学校に保管されていたが、明治の半ば頃に何故か廃棄処分となってしまった。そのため、現在では船体はもとより機関についても、ごく僅かな図面をもってその概要を知ることが出来るのみである。

参考文献
タイトル 著者・編者 発行年
ものと人間の文化史 1 船須藤利一1975
幕末の蒸気船物語元綱数道2004
一覧へ戻る

▲薩摩藩雲行丸機関図[尚古集成館提供]
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.