北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
産業技術年表
ご覧になりたい場所・ジャンルやキーワードで検索してください。
年代
場所
  北九州   日本   世界
ジャンル              
キーワード リセット 検索
一 覧
2015年から1851年を表示 前へ 2015〜2014年 次へ
新しい順古い順
できごと
2015年
北九州 安川電機、「ロボット村」をオープン。 YASKAWAの森、安川電機みらい館、ロボット工場、本社棟、厚生棟を黒崎地区に建設。
北九州 日本磁力選鉱、圧延に使用される循環油脂内に含まれる有用金属(鉄粉等)を除去し効率的に回収する鉄粉除去装置【HIGAMS(High Gauss Magnetic Separator)】装置を開発し実用化した。
日本 JR東海、超電導リニア中央新幹線、東京、名古屋間着工。2027年の開通を目指す。同区間の所要時間は最速約40分を予定。
日本 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼・造船・石炭産業」が世界遺産へ登録(7月)。
日本 ソフトバンク、人型パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を発売。本体価格198,000円。企業が受付や案内用として導入を相次いで発表。家庭への普及につながるか注目を集める(2月)。
日本 ドローン規制施行される。無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できるドローンの普及とあいまって、悪用されるケースが増加。改正航空法による規制開始(12月)。
日本 ノーベル生理学・医学賞受賞(大村 智):抗寄生虫薬に貢献 年2億人使用、失明防ぐ。
日本 ノーベル物理学賞受賞(梶田隆章):ニュートリノ質量発見 宇宙の謎解明に期待。
日本 宇宙飛行士・油井亀美也さん、ロシア、ソユーズ宇宙船でISS(国際宇宙ステ―ション)へ(7月)。12月まで日本の実験機「きぼう」にて科学実験やステ―ションの運用に携わり、無事、予定通り帰還。
日本 沖縄辺野古基地問題で沖縄県と政府の対立。アメリカ軍・普天間飛行場を沖縄県名護市の辺野古沖に移設する計画を巡り、石井啓一・国土交通相は11月17日、沖縄県の翁長雄志知事が、辺野古の埋め立て承認を取り消したのは違法だとして、国が県に替わって処分を撤回する「代執行」に向け、福岡高等裁判所那覇支部に提訴した。
日本 九州電力、川内原子力発電所1号機を8月14日9時00分に発電再開。
日本 戦後70年:広島、長崎での式典/安倍総理の謝罪総括など。
世界 NASAが2006年に打ち上げた太陽系外縁天体の探査を行う無人探査機ニューホライズンスが冥王星に最接近。冥王星とその衛星の鮮明な画像を撮影し地球に届けた。
世界 音楽の聴き方に、ストリーミング化が主流になる。音声や動画などのマルチメディアファイルを転送・再生するダウンロード方式の一種で、ファイルをダウンロードしながら、同時に再生をすることにより、ユーザーの待ち時間が大幅に短縮される。
世界 新スエズ運河完成。新スエズ運河は地中海と紅海を結ぶ既存のスエズ運河を拡張した水路で、既存の全長164kmの運河に平行する新しい35kmの運河と、既存の運河のうち37kmのわたる区間の掘削と拡張が含まれている。
2014年
北九州 TOTO、TOTO 歴史資料館所蔵の各種湯水混合水栓が「建築設備技術遺産」に認定。日本における混合水栓の足跡を示すものとして歴史的価値が認められる。
北九州 大創、配管パイプの継手にガスケット不要の「GL(ガスケットレス)フランジ」の中国実用新案取得。大気汚染の原因物質となっているガスケット劣化による浮遊粒状物質放出をなくせるフランジとして期待。
北九州 日鉄住金テックスエンジ、多機能ポータブル診断器「エレスマート*X」MCV-090を販売開始。
日本 JAXA、小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日、H2Aロケットで打ち上げられ、往復52億キロの旅に出発。2010年に帰還し国民的な感動を呼んだ「はやぶさ」の後継機。有機物や水を含むとされる小惑星「1999JU3」を訪れ、生命の起源や太陽系の歴史の解明につなげる。
日本 JFEスチール、気体燃料吹込みによるCO2排出量削減に適した製鉄原料製造技術開発。鉄鋼業は、我が国製造業からのCO2排出量の約5割を排出していた。焼結工程で、世界で初めて気体燃料を吹込む革新的技術を開発、焼結鉱の強度と還元性を抜本的に改善し、CO2の発生源であるコークス使用量を削減。
日本 トヨタ自動車は燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」の開発・販売を開始(12月)したことにより、第24回地球環境大賞を受賞。
日本 ノーベル物理学賞受賞(赤崎勇、天野浩、中村修二):“高輝度で省電力の白色光源を可能にした青色発光ダイオードの発明”、及び世界に先駆けて実用に供するレベルの高輝度青色発光ダイオードや青紫色半導体レーザーの製造方法を発明。
日本 群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に登録決定(6月)。
日本 新日鐵住金、環境負荷低減型超ハイテン橋梁ケーブル用鋼線材開発。
日本 大阪市阿倍野区に「あべのハルカス」が完成し、横浜ランドマークタワーを抜いて、日本一高いビルとなる。地上60階建て、高さ300mで、日本国内の構造物としては東京スカイツリー(634m)、東京タワー (332.6m) に次ぐ3番目の高さである(3月)。
日本 東レ、新興国の砂漠・荒廃地の緑化・農地化システム開発。気候変動による降雨不足などが原因の砂漠化や土壌劣化は、技術基盤が脆弱な新興国において食糧不足などの深刻な問題を引き起こしている。ポリ乳酸製のロールプランターを使って、手間などを掛けずに緑地や農地を作るシステムを開発。
日本 理化学研究所の小保方晴子氏らが「STAP細胞」論文を発表(1.29)。後に改ざんなどの不正が発覚し撤回(7月)。論文作成を指導した笹井芳樹・同研究所副センター長が自殺(8月)。
世界 2004年にフランス領ギアナから打ち上げられた欧州宇宙機関の探査機「ロゼッタ」。三度の地球スイングバイを経て深宇宙へ。今年8月にはターゲットであるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到達。11月に着陸船「フィラエ」を彗星表面へ軟着陸させることに成功。
世界 Samsungはグラフェンの単一結晶体を商用シリコンウェハーと同程度の大きさにすることに成功したことを発表。グラフェンは、シリコンの100倍以上の電子移動度を持ち、鋼鉄の200倍とされる耐久性、そして柔軟性にも優れる電子素材。最初のサンプル作成に成功した2人の大学教授は2010年ノーベル物理学賞を受賞している。
世界 ロシアがクリミアを編入宣言。日米欧が制裁を実施。
世界 自称「イスラム国」樹立。米欧が空爆を開始。
世界 西アフリカでエボラ出血熱が猛威、死者8,000人超。2014年3月以降、西アフリカのギニア、シエラレオネ、リベリアを中心に流行。感染は症状が出ている患者の体液等(血液、分泌物、吐物、排泄物)や患者の体液等に汚染された物質(注射針など)に十分な防護なしに触れた際、ウィルスが傷口や粘膜から侵入することで感染する。
世界 米国とキューバが国交正常化の交渉を開始。
2015年から1851年を表示 前へ 2015〜2014年 次へ
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.