北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
運輸
九州旅客鉄道 株式会社 小倉工場
会社情報会社沿革技術・製品
会社沿革 ▼産業遺産▼貢献人物
できごと
明治24年(1891) 九州鉄道(株)小倉工場として発足。
明治29年(1896) 小倉工場から小倉製作所に改称。
明治40年(1907)国有化となり九州帝国鉄道管理局小倉工場に改称。
大正6年(1917)9600形蒸気機関車製作。1号車落成。
大正8年(1919)門司鉄道管理局小倉工場に改称。
大正9年(1920)鉄道省となり門司鉄道局小倉工場に改称。
昭和6年(1931)機関誌・さいれん発行。
昭和9年(1934)ガソリン自動車の修繕開始。
昭和13年(1938)D51形蒸気機関車製作。1号車落成。
昭和17年(1942)門司鉄道局小倉工機部に改称。 関門トンネル開通。
昭和24年(1949)木造車両の鋼体化工事開始。
昭和25年(1950)自動車修繕中止により自動車職場廃止。
昭和27年(1952)日本国有鉄道小倉工場となる。
昭和31年(1956)九州のSLが最多の718両に。以後減少し昭和50年に0両に。
昭和39年(1964)一等車(スロ54)の冷房化開始第1号車落成。
昭和40年(1965)二等寝台車(ナハネ11)の冷房化開始第1号車落成。
昭和41年(1966)機関誌・小工技術発行。
昭和42年(1967)内燃機関検修設備完成(フロアーコンベア採用)。
昭和44年(1969)機関車整備室竣工。
昭和47年(1972)DL機関検修場落成。新幹線軌道敷設用門形クレーン71台制作。
昭和48年(1973)新幹線開業準備室設置。新幹線博多車両基地要員の教育開始。
昭和49年(1974)最後のSL最終定期修繕(29612号機)。83年の歴史に幕。
昭和50年(1975)山陽新幹線・岡山ー博多間開業。
昭和51年(1976)九州電化初の電気機関車ED722解体。
昭和54年(1979)ミニSL・ボイラー火入れ式。 九州一周電化完成。鋳物操業廃止。
昭和55年(1980)初の12系お座敷列車・海、編成落成。
昭和57年(1982)近郊形423系電車の特別保全工事第1号完了。
昭和58年(1983)12系お座敷列車・山、編成落成。
昭和59年(1984)581系特急電車の715系へ近郊化改造工事全32両完了。
昭和60年(1985)貨車検修1号車(ホキ8501)完成。
昭和62年(1987)民営化に伴い九州旅客鉄道株式会社小倉工場に改称。インドネシア国鉄再活性化協力のため技術員9名を派遣。
昭和63年(1988)783系特急電車・ハイパーサルーン・製作開始。SL復元・あそBOYと命名。
平成元年(1989)ゆふいんの森T世号製作。
平成2年(1990)小倉工場創立100周年。811系近郊形電車製作開始。 
平成4年(1992)ゆふいんの森U世号製作。
平成6年(1994)813系近郊形電車製作開始。
平成9年(1997)車両管理システム使用開始。
平成11年(1999)新ゆふいんの森号製作 815系近郊形電車製作開始。
平成12年(2000)885系特急電車製作。
平成14年(2002)ISO14001認証取得。

▲小倉工場全景(昭和2年頃)

▲小倉製作所時代の銘板

▲創業当時の職場風景
産業遺産 ▲会社沿革▼貢献人物
9600型機関車修繕風景(昭和24年)
9600形機関車
D51220(昭和13年)
D51形蒸気機関車
小倉工場機関紙「さいれん」
工場機関誌「さいれん」
貢献人物 ▲会社沿革▲産業遺産
ヘルマン・ルムシュッテル
ヘルマン・ルムシュッテル
九州鉄道(株)顧問ドイツ人技師


会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.