北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
建設材料
安田工業 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
会社沿革 ▼産業遺産▼貢献人物
できごと
明治28年(1895)安田財閥創始者・安田善次郎が日本初の製釘事業の起業を決意。機械設備の購入と視察研究のため、技師・山口武彦を欧米に派遣。
明治30年(1897)東京深川区猿江町東町(現在の江東区猿江)に鉄丸釘の製造工場を建設。東洋で初めて洋釘を製造・販売。
明治32年(1899)安田商事合名会社を設立。のち株式会社に改組。
明治41年(1908)官営八幡製鐵所(現在の新日本製鐵(株)八幡製鐵所)が釘原材料・線材(ワイヤーロッド)製造開始。国産線材の始まりとなる。
大正元年(1912)福岡県八幡町(現在の北九州市八幡東区)に製釘工場を建設、操業開始。
大正12年(1923)関東大震災で深川の工場が全焼したため機械設備を八幡工場に移す。
昭和18年(1943)安田興業(株)に社名変更。
昭和24年(1949)財閥解体により大和工業(株)を設立し業務一切を継承。仙台工場設立。
昭和25年(1950)財閥解体により仙台工場は東北安田工業(株)となる。
昭和45年(1970)安田工業(株)に社名変更。東北安田工業(株)を合併し仙台工場とする。
平成12年(2000)スーパージャンボ大頭釘(=商品名)を開発。
平成13年(2001)スーパークラックレス(=商品名)を開発。
平成14年(2002)スーパーエルエル釘(=商品名)を開発。新潟工場設置。
平成15年(2003)紙ワザ(=商品名)が福岡産業デザイン賞の環境・福祉部門優秀賞を受賞。

▲枝光工場

▲深川工場
産業遺産 ▲会社沿革▼貢献人物
製釘機
製釘機
八幡工場外観
八幡工場
貢献人物 ▲会社沿革▲産業遺産
安田善次郎
安田 善次郎
安田工業(株)創業者、安田財閥創始者


会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.