北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
窯業
黒崎播磨 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
貢献人物
1 松本 健次郎
黒崎播磨(株)創業者・初代社長
明治3年(1870)〜昭和38年(1963)
 黒崎窯業(株)(現在の黒崎播磨(株))の創業者・松本健次郎は明治3年(1870)、安川敬一郎の次男として福岡市に生まれました。明治23年(1890)、伯父・松本潜の養子となり、翌年から2年間アメリカに留学。ぺンシルベニア大学で財政経済学を学びました。帰国後、父・敬一郎が経営していた炭坑業(のちの明治鉱業(株))に入り、父の協力者として事業を推進。明治41年(1908)から大正7(1918)にかけ自ら貿易や電機、製鋼、窯業などの事業を相次いで興しました。

 大正7年(1918)、官営八幡製鐵所の耐火れんが技術者・高良淳(すなお)と出会いました。「れんが研究を企業化し民間人として世に問いたい」という初対面の高良の申し入れを快諾し、42万円(現在の10億円程度)を出資し耐火れんが専門会社・黒崎窯業(株)を設立しました。

 健次郎が設立に関わった北九州の企業は黒崎窯業(株)のほか明治鉱業(株)、明治紡績(株)、安川電機(株)、九州製鋼(株)などがあり、北九州の地域発展・産業振興に力を尽くした人物です。

 明治40年(1907)には父・敬一郎とともに私財を投じ、財団法人明治専門学校(現在の国立九州工業大学)を設立し、次代の技術者教育・育成にも力を注ぎました。

 昭和初期から活動の場を中央に移し、日本工業倶楽部理事、石炭統制会会長、日本経済連盟会長などを歴任しました。昭和32年(1957)米寿を期に財界を引退。昭和38年(1963)死去、93歳でした。
前へ 次へ
アーカイブトップへ戻る 戻る
 
松本 健次郎
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.