北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
金属
日本鋳鍛鋼 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
貢献人物
1 河合 正吉
元・専務取締役
大正3年(1914)〜昭和52年(1977)
 元専務の河合正吉は日本鋳鍛鋼(株)と前身の三菱製鋼(株)で鍛造加工技術の発展に寄与するとともに、日本の鉄鋼技術の向上に多大に貢献した技術者です。

 戦後間もなく国内の鋼板の張力鋼化の口火を切った高張力鋼(商標ヘルテン)を開発し、さらにステンレス鋼合板の実用化にも成功しました。その後、大型鍛鋼品の高級化・大型化の研究開発に尽くし、組立型クランク軸用ウェブの折曲式鍛造法の発明で昭和28年(1953)通産大臣賞受賞。昭和30年(1955)工学博士となり、学位論文は業界誌「鉄と鋼」で紹介され、昭和32年(1957)第20回俵賞を受賞しました。

 昭和50年(1975)ごろ、大型鋼塊特殊鍛造法(後にFM鍛造法と命名)の理論をまとめました。実用化の研究開発のさなか、昭和52年(1977)に急逝。大正3年生まれ、62歳でした。河合理論に基づく新鍛造法(FM鍛造法)は昭和55年(1980)に実用化されました。
前へ 次へ
アーカイブトップへ戻る 戻る
 
河合 正吉
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.