北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
鉄鋼
日本磁力選鉱 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
貢献人物
1 原田 源三郎
日本磁力選鉱(株)の創業者
明治37年(1904)〜平成7年(1995)
 日本磁力選鉱(株)の創業者・原田源三郎は、明治37年(1904)八幡市(現在の北九州市八幡東区)に生まれました。明治専門学校(現在の九州工業大学)で電気を、九州帝国大学(現在の九州大学)で冶金を専攻し、卒業後は特殊合金(株)、大倉鉱業(株)、満州本渓湖特殊鋼等で鉄鉱石に関する研究活動に従事、原料鉱石等の処理技術を習得しました。

 さらに、昭和19年(1944)原料処理に欠かせない「原田式交流磁選機」を開発。これらの業績により、戦後、八幡製鐵所の高炉ガス灰処理研究を製鐵所から依頼され、ガス灰処理技術での事業化の確信を得て、昭和24年(1949)日本磁力選鉱(株)を設立。原田式交流磁選機を使用した工場を八幡製鐵所構内に建設し、同年に操業を開始しました。

 原田は創業当初から、鉄資源のリサイクルに先駆的に取り組みました。資源の再利用、再開発を企業活動の基本理念として、選鉱技術を開発し、その技術を駆使して鉄鋼スラグなどを処理し、省資源に大きく貢献して着実な業績を収め安定した経営を続けました。その功績は高く評価され、昭和33年(1958)紫綬褒章、昭和49年(1974)勲四等旭日小綬章を拝受。昭和57年(1982)九州・山口経済貢献財団より第9回経営者賞受賞しました。

 平成7年(1995)死去、92歳でした。翌年生前の功績を称え、同氏の胸像が作られ、現在本社玄関ホールに置かれています。
前へ 次へ
アーカイブトップへ戻る 戻る
 
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.