北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
金属
神鋼メタルプロダクツ 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
会社プロフィール ▼技術プロフィール▼会社概要
 非鉄金属メーカー・神鋼メタルプロダクツ(株)の前身は、(株)神戸製鋼所が大正6年(1917)につくった門司工場です。当時、門司は国際港に急成長する一方、船舶の国産化が進み銅管や真鍮管の需要が伸びており、鉄鋼メーカー・(株)神戸製鋼所初の地方進出となりました。

 門司工場は昭和4年(1929)海水の腐食に対し銅より強い銅合金・アルミブラスを開発しました。アルミブラス管は戦後も火力発電所や石油プラントなどの復水器や熱交換器に多く使われました。

 昭和24年(1949)、日本を占領統治したGHQ(連合軍司令部)の方針に基づく過度経済力集中排除法により(株)神戸製鋼所は3社に分割され、門司工場は神鋼金属工業(株)に属しましたが、昭和32年(1957)には再び(株)神戸製鋼所に復帰しました。

 昭和51年(1976)にチタン熱交換器、昭和58年(1983)には世界初の熱間静水圧押出製品を開発するなど(株)神戸製鋼所の非鉄生産拠点でしたが、鉄冷えと呼ばれた鉄鋼・金属の合理化のなかで昭和63年(1988)に門司工場は分離独立し、現在の神鋼メタルプロダクツ(株)となりました。

 門司の本社・工場のほか東京・大阪に営業所を置き、従業員数は270人。主に製鉄所の連続鋳造用モールド(鋳型)、発電所用復水器、石油精製・石油化学、海水淡水化装置などに使われる銅・銅合金管などを製造しています。

▲本社工場

▲門司工場開所式(大正6年)

▲門司工場銅管製造風景(大正10年頃)
技術プロフィール ▲会社プロフィール▼会社概要
 神戸製鋼グループの神鋼メタルプロダクツ(株)は、社名の通り創業以来、非鉄金属の加工・製造で発展した企業です。現在は、銅合金復水管のトップメーカーで、生産量は国内第一位です。復水管は、発電所、石油精製・石油化学、海水淡水化装置などで使われています。

 製鉄所の連続鋳造で電気炉転炉でできたばかりの溶鋼を流し込み棒材(ビレット・ブルーム)を成型するチューブラーモールドは世界の25%に供給する(中国は統計がないため除く)など、海外でも技術力が評価されています。

 昭和63年(1988)の分離独立以来、「技術は時代を先導する」をモットーに他の製品製造事業でも販売力強化を狙い、平成5年(1993)アルミ加工品の生産を開始。総合的な非鉄金属加工メーカーを目指しています。

▲フェロコチューブ
会社概要 ▲会社プロフィール▲技術プロフィール
代表者 尾崎 幸一
資本金 2億円
従業員数 270名
所在地 〒800-0007 北九州市門司区小森江2丁目2-1
電話番号 093-381-1331
FAX番号 093-381-3833
ホームページ http://www.shinkometal.co.jp/
創業年 大正6年(1917)
創業者名 金子 直吉
創業時企業名 (株)神戸製鋼所 門司工場
創業時主要製品 船舶の復水器用の黄銅管「アドミラリティブラス」国産化成功
創業時所在地 北九州市門司区小森江2丁目2-1
主要取引先 ●銅・銅合金管|発電所、石油精製・石油化学工業、海水淡水化装置その他の熱交換器用 地中ケーブルジョイントボックス用 給水給湯用、海水配管用
●チューブラーモールド|国内の鉄鋼メーカー(高炉・電炉)各社 海外の鉄鋼メーカー各社
●熱間静水圧押出法|金属の精錬、めっき、金属箔製造用、リードフレームなどの電子産業用、苛性ソーダ製造用、チタン管を使用した熱交換器、各種アルミ構造物など
工場の名称 本社工場
本社工場
会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.