北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
窯業
大光炉材 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
会社プロフィール ▼技術プロフィール▼会社概要
 各種不定形耐火物やファインセラミックス製品をつくる大光炉材(株)の前身は昭和25年(1950)創業の大光産業(株)です。当初は、八幡製鐵所に特殊耐火セメントを納入する商事会社として出発しましたが、創業者・小林武爾は創業と同時に輸入耐火セメントの国産化と自社生産を目指し、九州大学工学部に試験研究などを依頼。その協力で平炉の出鋼樋材(不定形耐火物)の商品化に成功しました。

 昭和29年(1954)現在地に本社・工場を移転、社名を大光炉材(株)としました。姫路・大阪・室蘭・東京・名古屋と製鉄所所在地に駐在所や事務所を置きながら業績を伸ばす一方、昭和37年(1962)には不純物が多い銑鉄を流す出銑樋材の初の国産化に成功しました。

 その後も製鉄所地への進出と不定形耐火物の新商品・技術の開発を平行して進めました。主なものには、目地がない一枚型に成形できるプラスチック耐火物、連続鋳造用コーティング材、水蒸気の爆発を抑える特殊キャスタブル、吹き付け型キャスタブルなどを開発しました。

 また、キャスタブルなどの素材製品ではなく、自社で最終製品をつくることを目指して5年がかりで開発を進め、昭和58年(1983)に高性能エンジニアリングセラミックスを事業化し、現在の不定形耐火物とセラミックスの2本柱の生産体制が確立しました。

 現在、本社は研究開発部門で工場は大分と君津の2カ所に置き、事業所は3カ所、営業所9カ所、開発グループ2カ所、関連会社2社で全国展開しています。

▲本社社屋
技術プロフィール ▲会社プロフィール▼会社概要
 大光炉材(株)は昭和29年(1954)の創業以来、独立資本の不定形耐火物メーカーとして全国各地に拠点を拡げ、鉄鋼業を主体に、非鉄金属、セメント、プラント建設など基幹産業向けの耐火物材料を生産し発展しました。昭和37年(1962)には日本初の国産出銑樋材「モノロック」を開発、昭和54年(1979)には耐爆裂性に優れた緻密質キャスタブルの開発に成功し、世界的に注目を浴び、緻密質キャスタブルの普及に大きく貢献しました。

 さらに不定形耐火物の研究開発によって培われた技術を幅広く活用するため、昭和58年(1983)からファインセラミックス分野に進出。加工のみならず、アルミナ、窒化珪素といった従来の単独材料だけでは対応が難しい場所や環境内で使用される複合材料や、特殊な性能を生かした機能材料の開発に特に力を注いでいます。

 技術最優先を旨に、大学、公共機関と積極的に交流し、平成15年(2003)から独立行政法人産業技術総合研究所と共同で、応力発行材料の研究開発を世界に先駆けて推進するなど、独自の商品開発を進めています。

▲取締役会長 小林 滉
会社概要 ▲会社プロフィール▲技術プロフィール
代表者 取締役社長 小林 仁志
資本金 5,000万円
従業員数 200人
所在地 〒804-0054 北九州市戸畑区牧山新町1-1
電話番号 093-871-1631
FAX番号 093-883-2151
ホームページ http://www.taiko-ref.com/
創業年 昭和25年(1950)
創業者名 小林 武爾
創業時企業名 大光産業(株)
創業時主要製品 特殊耐火セメントなど
創業時所在地 八幡製鐵所南門近く
主要取引先 ●不定形耐火物|大手鉄鋼メーカー
●ファインセラミックス(エンジニアリングセラミックス)|半導体関連の装置メーカー、FA関連部品メーカーなど
工場の名称 大分工場/君津工場
本社社屋
会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.