北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
機械
株式会社 植田製作所
会社情報会社沿革技術・製品
会社プロフィール ▼技術プロフィール▼会社概要
 (株)植田製作所は昭和21年(1946)若松で創業した(株)植田歯輪工場が前身です。歯輪は歯車のことで、若松立地は(株)日立製作所若松工場(現在の(株)日立金属若松)の要請でした。

 当時、(株)日立製作所若松工場は圧延機など産業機械を製造しており、部品の歯車を大阪の歯車メーカーに発注していました。戦後の混乱期、輸送事情も悪かったため現地生産が求められ、大阪地区より植田昌次が歯切盤数台と技術者数人を連れて西下、(株)植田歯輪工場を創業しました。

 (株)植田歯輪工場は現地生産の歯車を(株)日立製作所若松工場だけでなく八幡製鐵所などにも納入し業績を伸ばしました。若いエンジニア社長だった植田は昭和25年(1950)自社製歯車を使った減速機を製作。これを皮切りに歯車の高性能化と装置の開発を進め、歯車メーカーから各種産業機械・装置メーカーへと発展。昭和34年(1959)社名を(株)植田製作所に変更し、大型減速機や製鉄所のプロセスラインなどを製作、海外にも輸出しました。

 その後、鉄鋼不況や日本経済の減速とともに、製品の中心を付加価値が高く独自技術を持つテンションリール(巻き取り・巻き戻し装置)やドラム(巻き取り芯)に移行しました。現在、創業地の若松に本社・工場を構え従業員は85人。高性能リールメーカーとして国内はもとより世界のトップクラスの地位を築いています。

▲昭和40年頃の本社工場
技術プロフィール ▲会社プロフィール▼会社概要
 歯車生産からスタートした(株)植田製作所は昭和25年(1950)自社製歯車を使った減速機生産をきっかけに部品メーカーから装置メーカーへと発展しました。昭和33年(1958)大型歯車の歯部と支柱部を溶接する溶接歯車を開発。一体鋳造歯車に比べ強度が増し、自社製造装置の性能アップにも寄与しました。

 減速機に次いで非鉄金属圧延機やスリッター(鋼板の帯状切断機)など製品を多様化させ、国内はもとよりアジア各国へも輸出しました。

 自社高性能歯車を使う産業機械の集大成がテンションリールとドラムです。自動車向けの冷延(冷間圧延)鋼板の高級化にともない鋼板を高速度で巻き取るテンションリールの需要も増えました。(株)植田製作所は事業の大幅な見直しを行い、現在ではテンションリール・ペイオフリールとドラム単体生産に特化した企業として活動しています。

▲代表取締役社長 濱小路兼生
会社概要 ▲会社プロフィール▲技術プロフィール
代表者 濱小路 兼生
資本金 4,700万円
従業員数 90人
所在地 〒808-0027 北九州市若松区北湊町4番1号
電話番号 093-761-1431
FAX番号 093-751-0233
ホームページ http://www.ued-mfg.co.jp/
創業年 昭和21年(1946)
創業者名 植田 昌次
創業時企業名 (株)植田歯輪工場
創業時主要製品 歯車類など
創業時所在地 福岡県若松市(現在の北九州市若松区北湊町4番1号)
主要取引先 ●テンションリール(鋼材巻取り機)とリールドラム|新日鐵住金(株)、JFEスチール(株)、三菱日立製鉄機械(株)、日本センヂミア(株)
工場の名称 本社工場
会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.