北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
金属
日本鋳鍛鋼 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
会社プロフィール ▼技術プロフィール▼会社概要
 昭和45年(1970)、日本鋳鍛鋼(株)は三菱グループと新日鐵グループ(※)による合弁会社として設立され、工場を良質な鉄源を確保できる北九州市の八幡製鐵所構内に置きました。発電用タービン軸や船舶用推進軸、圧延機用バックアップロールなど重工業用基幹設備の部品を製造しています。

 昭和40年代の高度成長期、発電所や造船所、製鉄所などの基幹産業は設備の大型化を進め、大型機械の心臓部に使われる鋳鋼品や鍛鋼品にも大型化が求められました。各社の鋳鍛造品製造設備だけでは対応が難しくなったため、共同で設立された専門会社が日本鋳鍛鋼(株)です。

※現在は住友金属工業と統合し、「新日鐵住金グループ」となっています。

▲本社事務所・工場全景

▲建設中の工場

▲工場建設中の空撮
技術プロフィール ▲会社プロフィール▼会社概要
 大型鋳鍛鋼品は重工業の基幹部材として使用されており、その性能向上は重工業の発展を左右します。日本鋳鍛鋼(株)は、鋳鍛鋼品の高品質化や製造プロセスの合理化に加え、新機能製品の開発を通じて社会に貢献しています。先端技術の華やかさはありませんが、地道な研究開発により顧客の信頼と満足を得ています。

 鋳鍛鋼品の主原料の大半は鉄屑であり、これを溶解して再び製品にするというリサイクル企業の一面も持っています。また、工場生産を行う際、廃棄物やCO2の発生は避けられませんが、これらを極限まで少なくすることも重要な開発課題として、積極的に取り組んでいます。

▲代表取締役社長 塩浦 信男
会社概要 ▲会社プロフィール▲技術プロフィール
代表者 塩浦 信男
資本金 60億円
従業員数 500名
所在地 〒804-8555 北九州市戸畑区大字中原先ノ浜46番地59(本社事務所)
電話番号 093-884-0011(本社事務所)
FAX番号 093-873-1050(本社事務所)
ホームページ http://www.jcf.co.jp
創業年 昭和45年(1970)
創業者名
創業時企業名 日本鋳鍛鋼(株)
創業時主要製品 発電用タービンロータ
創業時所在地 北九州市戸畑区大字中原先ノ浜46番地59
主要取引先 ●発電用タービンロータ|三菱重工業、ゼネラル・エレクトリック、SHANGHAI TURBINE CO.,LTD.
●発電用タービンケーシング|三菱重工業、ゼネラル・エレクトリック、SHANGHAI TURBINE CO.,LTD.
●圧延用補強ロール|新日本製鐵、Bluescope Steel(豪)、DOFASCO INC(加)
工場の名称 本社・工場
本社事務所・工場全景
会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.