北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
建設材料
安田工業 株式会社
会社情報会社沿革技術・製品
主要製品
1 釘(スーパージャンボ大頭釘、スーパーエルエル釘)
開発技術者
荒木 信仁
安田工業(株)八幡工場 専務取締役工場長
 従来品より頭の大きい釘は住宅メーカーからの要望でした。しかし簡単にできる代物ではありません。線材の先端をたたきつぶして頭をつくるパンチングがネックでした。1回のパンチングではつくれる頭の大きさに限界があり、2回パンチングだとひび割れを起こす。しかし、2回パンチングしか方法はないと実験を重ね、製釘機のパンチングスピードを改良しました。こうしてできたのがジャンボ大頭釘です。

 苦心してつくると新しいニーズが生まれます。「瓦に使えないか」と住宅メーカー。というのも屋根は日中・夜間の温度差が大きく、結露が瓦と釘の間に溜まり、釘を腐らせるのです。すきま腐食といいます。釘に特殊樹脂をコーティングする技術を開発し課題を克服、平成12年(2000)ようやく瓦をしっかり止め、腐りにくい釘が完成しました。これがスーパージャンボ大頭釘です。

 私たちの目標は、100年耐える住宅です。福岡西方沖地震ではあらためて釘の大切さを実感しました。普段は目にすることはないかも知れませんが、屋根瓦や壁板、柱を固定する釘を強くするためにこれからも研究を続けます。
前へ 次へ
アーカイブトップへ戻る 戻る
 
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.