北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
建設材料
三菱マテリアル 株式会社 九州工場
会社情報会社沿革技術・製品
会社沿革 ▼産業遺産▼貢献人物
できごと
大正7年(1918)三菱鉱業(株)設立。豊国セメント(株)設立。
大正9年(1920)豊国セメント(株)苅田工場(現在の九州工場)操業開始。
昭和29年(1954)三菱セメント(株)設立、セメント事業に進出。黒崎工場建設開始。 
昭和30年(1955)黒崎工場操業開始。
昭和36年(1961)苅田工場、旧来の敷地に隣接する海面を埋め立て、新工場建設開始。
昭和39年(1964)苅田工場の1号キルン火入れ。
昭和43年(1968)苅田工場の2号キルン火入れ。
昭和47年(1972)苅田工場の3号キルン火入れ。
昭和48年(1973)三菱鉱業(株)・三菱セメント(株)・豊国セメント(株)合併、三菱鉱業セメント(株)に。苅田工場の4号キルン火入れ。平苅ベルトコンベア完成。
昭和54年(1979)苅田工場の5号キルン火入れ。
昭和57年(1983)苅田工場の石炭ヤード完成。
昭和58年(1984)苅田工場の排熱発電設備運転開始。
昭和63年(1988)苅田工場のディーゼル発電設備運転開始。
平成2年(1990)三菱金属(株)と三菱鉱業セメント(株)が合併し、三菱マテリアル(株)に改称。 
平成3年(1991)石炭火力発電設備運転開始。
平成4年(1992)廃タイヤ処理設備運転開始。
平成6年(1994)石炭灰使用設備運転開始。
平成11年(1999)日本初の乾式焼成法を採用した東谷工場を苅田工場に統合。
平成12年(2000)特殊セメント製造の黒崎工場を統合し、九州工場に名称変更。RDF使用設備運転開始。
平成13年(2001)下水汚泥処理設備運転開始。
平成14年(2002)廃プラ設備運転開始。廃油設備運転開始。
平成16年(2004)石灰石砕砂設備運転開始。廃液設備運転開始。
平成19年(2007)新火力発電設備運転開始。

▲昭和40年代の黒崎工場

▲平苅ベルトコンベア
産業遺産 ▲会社沿革▼貢献人物
平苅ベルトコンベア
平苅ベルトコンベア
MFC
MFC
貢献人物 ▲会社沿革▲産業遺産
山中 正夫
三菱セメント(株)社長、三菱鉱業セメント(株)初代会長


会社情報会社沿革技術・製品
アーカイブトップへ戻る
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.