北九州イノベーションギャラリー|産業技術保存継承センター English中文korea
i 会員登録(無料)されますと、さまざまなサービスをご利用できます。
新規会員登録   ログイン
ホーム KIGSについて 利用案内 イベント/ニュース 展示 ライブラリー 工房 学校・団体の方へ
北九州ものづくり企業
樹脂成形
株式会社 タカギ
会社情報会社沿革技術・製品
貢献人物
1 城 寿雄
(株)タカギ代表取締役社長(創業者)
昭和13年(1938)〜
 (株)タカギの創業者で代表取締役社長の城寿雄は昭和13年(1938) 小倉市(現在の北九州市小倉北区)生まれ。昭和31年(1956)豊国学園高等学校を卒業後、東京の大井職業訓練所を経てスタンダード無線工業(株)(現在の(株)ディーアンドエムホールディングス)に就職しましたが、「辞めて北九州に帰って会社をつくろう。そして、必ずいつか大学生として東京へ戻ってこよう」という誓を胸に、昭和36年(1961)に北九州に帰郷し個人企業・城精機製作所を創立しました。

 家庭の白黒テレビやラジオの修理からスタートし、精機製作の看板を生かし産業用の金型を受注。「楽しく働きやすい会社をつくる」という当初目標に向かって本格的に歩み出しました。新工場をつくり従業員は60人になるほどまで業績を伸ばしましたが、技術賞の受賞などの一方、実際の会社経営は厳しく、オイルショックのあおりで昭和52年(1977)和議申請し事実上倒産しました。

 子供の頃から工夫が好きで発明展にも数多く出品した城が出した結論は、受身の仕事・下請けからの脱皮、自社製品の開発と販売でした。家庭向けの灯油ポンプがヒット商品となり、昭和54年(1979)資本金1,000万円で(株)タカギを設立。城精機製作所時代に磨きをかけた精密金型製作とプラスチック成型技術に持ち前のアイデアを組み合わせ次々に家庭向けの新商品を開発。散水ノズルを開発し一気に業績を伸ばし、現在の規模まで成長を遂げました。

 成功を納め経営を軌道に乗せた城は平成2年(1990)立教大学法学部に入学、長年の夢をかなえました。また、平成17年(2005年)には更なる知識習得を目標に、一橋大学大学院に入学、知財戦略について学び、平成19年(2007年)に見事修了。立教大学時代の体験をまとめた著書「53歳にして夢は実現する〜二足のわらじを履いた学生社長のユニーク人生論〜」は高城の学び続ける姿勢がえがかれており、現在でも(株)タカギの社員にとってバイブル的な一冊です。同著で城は語っています「あらためて私は強く感じる。夢は実現する。」
前へ 次へ
アーカイブトップへ戻る 戻る
 
ページトップ
リンク サイトマップ サイト利用条件 お問い合わせ よくある質問
COPYRIGHT (c) 2007 CITY OF KITAKYUSHU.ALL RIGHTS RESERVED.