クレジットカード

楽天カードの解約方法!ポイントはそのまま?解約証明書は発行できる?

今回は楽天カードの解約方法について解説していきます。

・解約手続きはどういう風にやるのか

・貯めていたポイントは消滅してしまうのか。

・ETCや家族カードはどうなってしまうのか、

など、解約に必要な情報をわかりやすくまとめたので、参考にしてみてください。

楽天カードの解約方法

楽天カードの解約手続きは、電話で行います。

手元にカードを準備しておきましょう。

ちなみに、ネットでは解約は出来ません。

【コンタクトセンター】電話番号:0570-66-6910(有料)

上記の番号が繋がりにくい場合:092-474-6287(有料)

受付時間:9:30~17:30

※楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードをお持ちの方は、カード裏面記載の電話番号へお問合わせをしてください。

自動音声アナウンスが流れ、ガイダンスメニューが案内されます。

  1. メニュー番号「3」(各種変更)
  2. メニュー番号「8」(カード解約のお手続き)
  3. オペレーターのアナウンスに従い、解約処理が行われる
  4. 最後に「解約確認」

解約を急いでいる方はスキップ番号を使ってみましょう。

電話が繋がった後、音声ガイダンスの後にスキップ番号「3800#」を入力するとすぐに「カード解約手続き」に移ることができます。

解約前に注意しておきたい事5つ!

①公共料金や携帯電話の支払い方法の変更しましょう

公共料金などの支払いを、楽天カードでしていませんか?

楽天カードを解約をする予定なら、早急に支払い方法を変更しましょう。

変更の手続きを忘れると、支払いが遅れてしまう場合があります。

②楽天カード利用分の支払いは全て終わっていますか?

リボ払いや分割払いでの支払いが残っている場合、カードは解約しても残金の支払いをしなくてはなりません。

解約前に、未払いのご請求がないか必ずご利用明細を確認しましょう。

あらかじめいくら引き落としされるのか確認することが大切になってきます。

できれば、支払いが終わった段階で解約する方が楽かもしれないですね!

③年間費について

解約予定のカードの年会費をすでに支払っている場合、返金はされません。

その場合には、次年度の年間費請求月まで利用することをオススメします。

※年間費は契約月の翌々月27日請求されるので、解約前に確認しておきましょう。

④楽天Edyの残高を確認しましょう

楽天Edy機能が付帯しているカードは、残高を全て使い切ってから解約をしましょう。

解約後、楽天Edyの返金は受け付けられないので注意してください。

楽天Edyの残高は楽天Edyマイページトップから確認しましょう。

カードを解約以後、楽天Edyでお支払いした金額については、楽天Edyご利用ポイントの進呈対象外なので気をつけましょう。

⑤ETCや家族カードが利用できなくなっても大丈夫ですか?

ETCカードや家族カードを契約している場合、楽天カードを解約すると、付随しているETCカード・家族カードも自動的に同時解約となりますので注意しましょう。

ETCに関しては違う支払い先を確保しておかないと!
うっかりそのままETCゲートに進んでETCゲートが支払い不能で開かなくなると危険だもんね!

家族カードを契約している方は、家族の方に確認してから解約した方が〇。

解約時・後の注意すべきパターン

本人が死亡した場合

楽天カードの所有者が死亡した場合、二等親以内の親族が代理人となり、解約手続きを進めます。代理人が楽天カードコンタクトセンターに電話をし、「契約者が死亡したため、解約希望」という旨を伝えて下さい。

手続きの際には、契約者の氏名・住所・カード番号などの確認があります。事前に用意しておきましょう。

楽天カードで貯めたポイントは、「スーパーポイント口座」に貯まるので、実際、楽天カードとは関係ないのです。

いままで楽天カードで貯めたポイントは、消滅することはないので心配いりません。

楽天ポイントクラブにログインすることで確認ができます。

解約したはずなのに請求がきた

既に解約が済んでカードは持っていないのに、何故か請求が来る。

不正使用!?と焦る方もいるでしょうが、実はそうではないのです。楽天カードを自動更新設定にしていると、解約しても基本的にずっと請求が来るようです。

知らないと請求が来ることになるので、自動更新を停止してから解約しましょう。

強制解約された時のデメリット

きちんと支払いをせず、楽天カードから強制的に解約された場合、どのようなデメリットがあるのか。簡単に挙げていきます。

【強制解約のデメリット】

・未払い分を一括請求される

・楽天カードの再入会が難しくなる

・他社のクレジットカードやローンの審査に通らない

・裁判になる場合もある

支払いを怠ることで、こんなにデメリットがあります。

裁判沙汰になった場合は最悪、家財を差し押さえられることもあるのでご注意を!

解約後にオススメなクレジットカード3選

クレジットカードを解約する方は様々な理由があると思い、アンケートを取りました。

「使用していないのに、年会費を払うのがもったいない。」
「カードのデザインを変えたかった。」
「カードの特典を受ける頻度が減ってしまい、年会費の方が高くつくようになったから。」

この理由がとにかく多い事が分かりました。

そこで、上記を踏まえた上でのオススメなクレジットカードをご紹介します。

JCB CARD W
【39歳以下限定】Web申込限定のJCBカード!
年会費が永年無料でポイントもお得!
【キャンペーン期間中】

2022年7月1日~9月30日
Apple Pay・Google Payでカード利用合計金額の20%がキャッシュバック(最大5,000円)(公式サイトを見る)

 
評価
年会費 無料(2年目以降も無料)
ポイント還元率 1.0%~3.0%
ポイント名 Oki Dokiポイント
発行日数 通常1週間程度
限度額 10万円~最高100万円
追加カード ETCカード・家族カード

39歳以下限定にはなりますが、とにかくオススメです。

年会費は永年無料(※家族カードも)で、ポイント還元率がJCBの中では断トツに良く常時2倍です。数多くのお得なキャンペーンがある中、特に、スターバックスやAmazonやセブンイレブンなどとのキャンペーンが多く、よく利用する方にはもってこいの一枚です。

ポイント交換も、ディズニーのチケットなど他ではあまりないようなものがあり気に入ってもらえるカードだと思います。

公式サイトで詳細を見る

イオンカードセレクト
年会費無料でイオン系列で使用するといつでもポイント2倍のお得なカードです。
イオン銀行のキャッシュカード機能と電子マネー「WAON」が一体型になっており、イオン銀行での普通預金金利がお得になるなどオススメなカードです。公式サイトを見る
評価
年会費 無料
ポイント還元率 0.5~1.33%
ポイント名 ときめきポイント
発行日数 即日発行可能(店頭受取に限る)
限度額 最高100万円
追加カード ETCカード、家族カード

今では、イオンやマックスバリューがたくさんあるので、使用頻度がかなり多く使用できる為オススメです。

年会費永年無料で、ETCカード・家族カードも無料です。

さらに、イオン銀行の普通預金金利が最大で年0.1%(税引後年0.079%)になるイオン銀行Myステージサービスがあります。

一番は、とにかく早くカードが必要という方には、オススメ!即日発行が可能な数少ないうちの1枚です。※店頭受取に限るが、営業時間ないなら当日の受取が可能です。

今までは、店頭での申し込みのみでしたがWebからの申込後に、店頭にて「仮のイオンカード」が発行され、使用する事が出来るようになりました。

店頭よりも、Webからの方がキャンペーンが多い(最大6000円分)ため、Webからの申込をオススメしていますが、即日発行にも対応したので最高ですね。

公式サイトで詳細を見る

楽天カード
年会費が永年無料の楽天カード。
楽天で買い物を良くされる方にはオススメの1枚。
楽天市場ではいつでもポイント3倍になります。
比較的作りやすいカードでもあります!
 
評価
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~3.0%
ポイント名 楽天スーパーポイント
発行日数 1週間
限度額 5万円~100万円(最高300万円)
追加カード ETCカード・家族カード

とにかく一番は、カードの審査ハードルが低いので、比較的作りやすいカードとしても有名です。

年会費も永年無料で、ポイント還元率も高いです。特に、楽天市場でお買い物を良くされる方は絶対に持っていた方がお得なカードです。なんと、楽天市場ならポイントが常に2倍(金曜は3倍)

とにかく、ポイント還元率が高い上に無料なので持っていて損はない1枚だと思います!

公式サイトで詳細を見る

楽天カードの解約に関するQ&A

Q:退会後、再入会は出来る?

可能です。解約後2~3営業日後からなら、再入会の申し込みが出来ます。

そして再入会する場合、新たに審査を受けることになります。

これは、新しいカードを申し込んだ時と同じ審査基準です。

以前と収入条件に変化がなければ、審査の心配はいらないので安心です。

そして以下の点に注意して下さい。

・楽天スーパーポイントはもらえない

・楽天スーパポイントの引き継ぎには、手続きが必要

・Edy機能付帯を希望しないと、500円分のチャージはもらえない

・国際ブランドによって、選べるデザインが変わる

分からない場合は、お問い合わせ用窓口でオペレーターに聞きましょう。

Q:すぐに解約したらどうなる?

楽天カードは、日にちに関係なく解約は出来ます。

ですが、カードがあるとポイントがついたり、スムーズに購入出来るというメリットがあるので、解約せずに持っていると便利です。

それに短期間で解約してまた再入会すると、審査が通らなくなる可能性もあります。

解約の際は、じっくり考えて下さいね。

Q:カードを使わないとどうなる?

特に問題はありません。カードを作ったからといって、必ずしも使用しなければならないというわけではありません。

ただし、注意点が二つ。

【楽天カード使用の注意点】

・楽天カードの新規入会特典をゲットするには、カード利用が鉄則になっています。なので、できるだけ早めにカードを使用しましょう。

・使わないからといって、すぐに解約するのは辞めましょう!短期解約者とされ、楽天はもちろん、他社のカードも作りにくくなってしまうからです。

Q:電話がつながらない!

用事があってかけたものの、中々オペレーターに繋がらないこともしばしば。

そんな時は、以下の方法を試して見て下さい!

【電話が繋がりにくい時の対処法】

・営業開始時間すぐに電話をする

・土日の営業開始時間9:30、平日の15時以降が繋がりやすい

・27日の引き落とし日より前の日に、電話をかける

保証するものではありませんが、よければ活用してみて下さい。

まとめ

楽天カードの解約は、電話のみの手続きで簡単にできます。

解約前に、

・公共料金の支払い方法を変更

・リボ等、楽天カード利用分の残金は残っていないか

・楽天Edyの残高を確認

・ETC・家族カード使用不可になってもOKか

を確認しましょう。

楽天カードで貯めたポイントは、「スーパーポイント口座」に貯まるので、解約しても消滅することはありません。

最後にもう一度だけ注意すると、契約後短期間で解約するのだけはやめておきましょう。短期解約者と判断され、再契約を断られたり、他会社のカードも契約出来ない場合があります。

以上です。ここまで読んで下さり、ありがとうございました!